大阪府八尾市のわくもと歯科医院 八尾クリニック

診療案内

総合病院と連携!安心・安全な歯科口腔外科!

当院では多様な歯科口腔外科小手術に対応しています。
より高度な治療が必要な場合には提携している高次医療機関(友絋会総合病院など)での対応も可能です。
総合病院での全身麻酔下による治療をご希望の方も、お気軽にご相談ください。

当院の歯科口腔外科治療

歯根のう胞摘出術

歯の根っこの先端部を歯根端といい、歯槽骨の中にあります。
歯根のう胞は歯根端にできる袋状の病巣で、歯根のう胞が大きい場合は手術による摘出をおこないます。治療は歯の側面より歯肉を切開し、歯槽骨に穴を開けて摘出します。
症状や治療後の状態により抜歯することもあります。

歯根端切除術

歯根端切除術

歯根のう胞の原因が歯根にあり、歯根のう胞の摘出だけでは改善が期待できない場合、歯根のう胞の摘出と同時に歯根端も切除する治療です。

埋伏歯の抜歯(親知らずなど)

歯肉や骨に埋まった状態の歯が埋伏歯です。
皆さんがよくご存知の親知らずは第三大臼歯の埋伏歯のことで埋伏智歯と言います。
これらの埋伏歯は虫歯や歯肉の炎症といった問題を起こすことがあり抜歯が必要な場合があります。

  • トップページへ戻る
  • ページの先頭へ

小帯切除術

小帯切除術

小帯は唇を上下に押し広げた時に唇の中央部分に見られる帯状の縦の筋です。
小帯が厚かったり長すぎたりする小帯付着異常は乳幼児に多く、小帯が歯の間を越え歯茎の裏側まで入り込んでしまっていると、正中離開や言語障害の原因になることがあります。
乳幼児期は歯も生えそろっておらず問題ないのですが、年齢とともに改善されていかない場合は小帯の切除が必要になります。

骨隆起切除術

骨が体表面に向かって増殖したものが骨隆起で、上顎の天井部(口蓋)にできる口蓋隆起や下顎の内側にできる下顎隆起などがあります。
病気ではありませんのでご安心ください。ただし、入れ歯の邪魔になる場合など他に影響がある場合は、増殖した骨を切除することがあります。

  • トップページへ戻る
  • ページの先頭へ
診療時間
診療時間
アクセスマップ
アクセスマップ
わくもと歯科医院 八尾クリニック TEL:072-997-6258

お知らせ

毎日午後(14:30~)よりインプラント相談(無料)を受付中!お気軽にお電話下さい。 TEL.072−997−6258

◇初めて来院される方向けに印刷してご利用頂けるマップを用意しております。

◇当歯科医院への連絡は携帯ホームページをブックマークしてご利用ください。

  • トップページへ戻る
  • ページの先頭へ